Dipole アンテナ設置

144と430の2バンド対応GPアンテナ設置は何の苦労もなく行えたのですが、3.5と7の2バンド対応のDipoleアンテナには苦心しました。

情報源

周りにアマチュア無線をやっている知り合いはいないので、情報はCWアカデミーの講師のsugaさんの写真や図で頂いたとアドバイスと、ネットと本の情報。それを頼りに我が家ように試行錯誤しながら何とかDipoleアンテナを張ることができました。

バランを上げるために購入した釣り竿

釣竿 Guts(ガッツ) ロッド 万能竿H 二代目 剛 630

6.3mを購入し、竿先の細い部分は使わずバランを上げるのに使っています。

現在アマゾンには6.3mの物は扱っていないようですが、代わりにお手頃でさらに長い竿が出品されていました。

長さも7メートルなんてのもあり、用途で選べるのがよい。

釣り竿 & のべ竿 グラス製 お好きな長さ選択 7.8m/7.1m/6.5m/5.9m/5.3m/4.8m/4.2m

レビューがアマチュア無線の話だったり釣りの話だったり混沌としていて笑ってしまいました。

エレメントの処理

さて20M以上あるエレメントを敷地内で張るために、工夫して曲げなければいけません。

家に近いな。

我が家ではベランダの手すりからロープで引っ張流ことにより家から距離をとることができました。あまり壁に近いとTVIの原因になるとのことです。

碍子

空を見上げると目に入ることがあるかもしれません。

アマチュア無線でHFをやるまでは、お空にあるもので手に取るような物ではなかったはず。こういった物を手にするのもアマチュア無線家の醍醐味と言えるのではないかなと思いました。

お空に見たことがあるかな?「がいし」と読みます。

端の処理

実はまだ仮設置。木の幹からロープで引っ張り、それをアンンテナに付属してたプラスチックの碍子でエレメントと結んでいます。

木からロープで引っ張っています。

アンテナに付属していた碍子

SWRメーター

ハムならこの持っていてもいいかもとのことでSWRメーターを購入しました。

アンテナを張り、エレメントをカットすることなく測ってみたら、1.5とのことなので、これでしばらく使っています。

疲れたのでこれで一旦終了。追記は後日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 吉見 昌貢 より:

    JR2WLTさん
    リクエストにお応えいただき、ありがとうございます。
    こちらも頑張って7MHzのワイヤーダイポールをなんとか拙宅敷地内に展張したいと思います。
    そろそろ暖かくもなってきましたしね 笑。
    大いに参考になります。私も拙宅の限られた敷地を思うと、相当試行錯誤することになるでしょう。
    今後とも情報交換のほど、どうぞよろしくお願いいたします。de JR2VYS

error: Content is protected !!